くまさんこどもクリニック

くまさん こども クリニック 愛知県みよし市にある小児科です。

B型肝炎ワクチンについて

B型肝炎とは

B型肝炎ウイルスが主に血液や体液を介して感染して肝炎を起こす病気です。
感染すると、約30%の人が急性肝炎になり、一時的に肝臓の働きが悪くなります。
多くは自然に治ってしまうのですが、約2%に肝炎が急速に進行し、肝臓が数日で機能しなくなる劇症肝炎になります。劇症肝炎になってしまうと死亡率が70%と重症な肝炎です。
肝炎ウイルスに感染した人の一部(約10~15%)は、慢性の病気(慢性肝炎、肝硬変、肝がん)になってしまいます。

うった方がよいのか?

予防効果はだいたい70%くらいです。このワクチンは世界の多くの国では定期接種となり、WHO(世界保健機関)は1992年、B型肝炎の感染源の撲滅と肝硬変や肝臓がんなどによる死亡をなくすために、子どもたちに対して、生まれたらすぐにB型肝炎ワクチンを国の定期接種として接種するように指示しています。
そして、ほとんどの国で定期接種になっています。
日本は、B型肝炎の母親からの出生した赤ちゃんだけが公費補助の対象になっています。
この理由は、現在の日本では、B型肝炎の母親からの出生した赤ちゃん以外でB型肝炎になる可能性が少ないためです。
確かに、ロタウイルスや水痘、おたふくなどに比べれば、かかる可能性はかなり少ないのが現状です。
将来血液を扱う仕事に従事するようになってから、またはB型肝炎の蔓延している地域に居住する予定になってから、このワクチンを接種するという方法もあります。
ただ、小さい時に接種した方が、効果が高いというデーターもあります。
個人的には、将来定期接種になることが理想的ではありますが、現在の自費での接種の場合、他の任意接種(ロタ、水痘、おたふく)を行ったうえで、なおかつ経済的に余裕があれば、行えばよいと考えています。